いつものうるし通信 第98号
2011.04.07


東北関東大震災で被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。
皆さまの安全と安心が当たり前のものとなり、一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

四年前、能登半島地震の際には、多くの皆様から応援していただきまして、なんとかここまでこさせていただいております。本当にありがとうございます。人の手でモノを創りだす工房として、被災された方々に何ができるかを考え、それを実行しながら前進したいと思います。

輪島キリモト・桐本木工所 桐本泰一



今回のお知らせは伊勢丹新宿店のインテリア部さん主催の合同企画のご案内です。伊勢丹と三越は4月1日もって合併されました。それを記念した企画がいくつかあるのですが、私たちが参加させていただくのは「ISETAN JAPAN SENSES」の中で「木と漆と紙のモノづくり展」です。


ISETAN JAPAN SENSES 「木と漆と紙のモノづくり展」
輪島キリモトテーマ  「絵になる漆」

●会期 平成23年4月6日(水)~11日(月) 10:00~19:00 ※最終日は18:00終了予定
※状況により営業時間を予告なく変更する場合がございます。
それに伴い、最終日の閉場時間も早くなる場合がございます。
あらかじめご了承下さいますようお願い申し上げます。
●会場 伊勢丹新宿店 本館6階 催事場
    〒160-0022 東京都新宿区新宿3-14-1  TEL:03-3352-1111(大代表)
日本人にとって身近な素材である木・漆・紙。輪島キリモトのモノ作りにおいても、なくてはならない素材です。それらの素材と職人の技術が出合い、毎日の暮らしの中で使う漆の器や小物、家具などが生まれました。さらに今回は、「絵になるうるし」として、空間を彩る漆のパネルやタイルなどの新作もご紹介いたします。


■桐本泰一在店日:4月6日(水)~8日(金)
■丸山昌幸在店日:4月9日(土)~11日(月)



のページへ

前のページへ


いつものうるし通信
バックナンバー

▶ 2016年

▶ 2015年

▶ 2014年

▶ 2013年

▶ 2012年

▶ 2011年

▶ 2010年

▶ 2009年

▶ 2008年

▶ 2007年

▶ 2006年