いつものうるし通信 第57号
2009.02.27



最近、すっきりしない天気が続いています。
今日はみぞれまじりで本当に寒いですね。
春の気配を感じられるのはもう少し先でしょうか。

さて今回は、前回に続き、中目黒・燕子花さんでの企画展のお知らせです。
「漆に親しんでもらいたい!」そんな想いから、ワークショップもたくさん組まれています。ぜひ、たくさんの方々に参加していただければと思います。なかなか都内では体験できない(百貨店ではとてもできません!)拭き漆のワークショップにチャレンジしませんか?
楽しい体験になることと思います。
自分で作ったお椀やスプーンで食べる食事は格別です!
はじめての方でも丁寧に説明いたしますので、安心してお申し込みください。

若手・滴メンバーによる「沈金教室」もよろしくお願いします。
不安な点・ご不明な点などございましたら、お気軽にお問合せください。

輪島キリモト・桐本木工所 桐本泰一


桐本泰一・滴・寒長茂 輪島漆展

●期間:3/4(水)~3/29(日) 13:00~19:00 ※月、火休館
2007年3月25日の能登半島地震より2年が経ちました。
輪島の皆さんはどんどん精力的に活動をされています。
今回は、椀木地師の寒長茂さんにもご参加頂くこととなりました。
桐本さんは立礼卓、昨年も参加の若手漆芸家グループ「滴」はお茶道具、寒長さんは椀木地師の作る椀をご用意して下さいました。今年はワークショップを更に楽しんで頂ける、「拭き漆」と「沈金」を企画しました。奮ってご参加ください。(燕子花メールマガジンより)


■燕子花での恒例企画となりました、「拭き漆」と「沈金」に挑戦されるかたを募ります。
【 拭き漆 】
木地の木目を活かすため、生漆を擦り込み、余分な漆をふき取る事。
これを繰り返す事により、木地に落ち着いた光沢を生む塗り方です。
限られた時間内と定員での作業を予定しております。ご協力をお願い致します。

○日程:6 (金)7(土)8(日)14(土)15(日)20(金)21(土)22(日)28(土)29(日)
 上記の内、3~5回いらっしゃれる方。(材料により回数が異なります。)
○所要時間:初回のみ約2h 2回目より約1hを予定。 
 1部13:00〜15:00 / 2部15:00~17:00 / 3部17:00~19:00
※初回(1回目)のご参加については、6(金)7(土)8(日)の3日間内でお願い致します。
 都合がつかない方はご相談に応じますので、ご予約の際にその旨をお伝えください。
○参加費(税込):¥3,675
○材料費(税込):
寒長さんの挽いた5寸鉢(椀)*要5回  ¥9,450
寒長さんの挽いた5寸皿*要5回     ¥4,725
寒長さんの挽いた4寸3分皿*要5回   ¥3,675
桐本さんのスプーン小*要3回  ¥2,100
桐本さんのスプーン小*要3回  ¥3,150
桐本さんのスプーン中*要3回  ¥3,675
桐本さんのスプーン大*要3回  ¥4,200
桐本さんのしゃもじ*要3回   ¥4,725


【 沈金 】  
沈金とは、加飾(塗面に沈金ノミで絵を彫る)技法の一つです。
沈金ノミでと面を彫り、彫ったあとに出来た凹部に漆を刷り込み、そこへ金・銀の箔や粉、あるいは色粉を埋めて模様を施します。乾いた後、余分な箔や粉を拭き落として仕上がります。
限られた時間内と定員での作業を予定しておりますので、予め図案を練られた上でお越し下さい。

○日程:18(水)19(木)20(金)21(土)22(日)のいずれか1回いらっしゃれる方。
○所要時間:2hを予定。 
 1部13:00〜15:00 / 2部15:00~17:00 / 3部17:00~19:00
○参加費(税込):¥3,360
○材料費(税込):
半月盆 黒   ¥10,500
銘々皿 朱   ¥10,500
小鉢 朱    ¥7,350
ボールペン 黒 ¥8,500
指輪 黒    ¥12,950(税込)

※両方挑戦される方も大歓迎!です。詳しくは燕子花別館までお問い合わせください。
※要予約 tel:03-3770-3401
※お客様の体質等によっては、漆に直接触らなくてもかぶれる可能性がございます。
 皆様それぞれ体調を管理していただけますようよろしくお願い致します。


■桐本泰一在廊日:6日(金)〜8日(日)、28日(土)、29日(日)
 漆のレクチャーも行いますので、ご質問もお気軽にどうぞ!
 みなさまの挑戦を心よりお待ちしております。



のページへ

前のページへ


いつものうるし通信
バックナンバー

▶ 2016年

▶ 2015年

▶ 2014年

▶ 2013年

▶ 2012年

▶ 2011年

▶ 2010年

▶ 2009年

▶ 2008年

▶ 2007年

▶ 2006年