いつものうるし通信 第105号
2011.08.18


桐本泰一、長年の不摂生に加えて、大震災後に、さあ、どうしよう?との悩みから体調を崩し、4月~6月はまともに動けませんでした。その他にもいろいろなことが積み重なりましたが、人間は「どうしよう?」から「どうしてやるか!」への転換ができることも実感してきました。

7月からは企画、打ち合わせなどフル回転しています。
しかし、まだまだですね。すべてが思うようには進みません。

・予定されているギャラリー、百貨店での企画展開。
・これまで作った事がない分野の商材完成。
・桐本木工所が長年蓄材していた朴、あすなろ、タモ、ヒバなどをそのまま生かした新分野商品の開発。
・異業種とのコラボレーション。
・建築、内装物件への提案。
・リビングデザインセンターOZONE内に新規オープンした「monova」コーナーに出店。
・海外にむけての商材展開挑戦。
・・・・などなど

これまで桐本木工所が本格的に手がけてこなかった分野にも果敢に挑戦しています。
苦しいときこそ、人の力を発揮するチャンスだとも思っています。
ただ、あまりにも落ち込むことが多すぎるので、すこし参ってもいますが(苦笑)。

暑い大阪での舎林さん企画では、また新しい出会いがありました。
20歳代後半の若い男性のお客様が悩みに悩んで千すじ大鉢を購入されたり。
ベテランのご夫妻は、「今からでも、やはり良い物を使って過ごしたくて・・・」と
うれしい言葉をいただきました。

金沢店・マイスプーンをつくるワークショップでは、小学生の参加もあり、みなさんそれぞれの特徴がにじみ出ている製品が完成しました。こらからのお渡しとなりますが、自分で手がけた「漆モノ」をきっかけに、もっとほんものの漆に親しんで欲しいなと思います。

こんな時だからこそ、人の手でしっかりと作られたモノが、人に心に染み入ることができるのだと思います。輪島キリモトみんなで力をあわせてぼちぼち進んでいこうと思います。
よろしくお願いいたします。

今回は、3年ぶりとなる広島三越での企画展のお知らせです。ぜひお越し下さいませ。

輪島キリモト・桐本木工所 桐本泰一


広島三越 いつものうるし 2 - 桐本泰一 漆展 -

●日時  平成23年8月23日(火) ~ 29日(月) 10:30~19:30 ※会期中無休
●場所  広島三越 6階 特設会場
     〒730-8545 広島県広島市中区胡町5-1
     TEL:082-242-3111(大代表)
江戸時代から漆器、木地の仕事に携わってきた輪島キリモト・桐本木工所。
毎日の生活の中で、木や漆が当たり前に使ってもらえるようにと、多くの 職人たちと様々なモノを創り、提案し続けています。 今回は、普段使いの器や小物をはじめ、軽くて丈夫な漆の家具などもご紹介 いたします。オーダーや修理についてのご相談も承ります。


■会期中、桐本泰一が終日在店いたします。


新宿伊勢丹 おもてなしのお茶会 - 伝統を楽しむ、和のおもてなし -

●日時  平成23年8月24日(水) ~ 9月6日(火)
     ※店舗休業日21日(火)、30日(火) 10:00~20:00
●場所  伊勢丹新宿店  本館5階=和食器
     〒160-0022 東京都新宿区新宿3-14-1
     TEL:03-3352-1111(大代表)
あなたのお茶会をもっと楽しく美しく ー加賀百万石の香り高いお茶の文化が根づく石川県から、新しいスタイルのフォルムのお道具類。こだわりのテイストが届きました。


■8月24日(水)、27日(土)、31日(水)、9月3日(土)、4日(日) 14:00~17:00頃
 輪島キリモトスタッフが在店します。



のページへ

前のページへ


いつものうるし通信
バックナンバー

▶ 2016年

▶ 2015年

▶ 2014年

▶ 2013年

▶ 2012年

▶ 2011年

▶ 2010年

▶ 2009年

▶ 2008年

▶ 2007年

▶ 2006年