いつものうるし通信 第122号
2012.11.06


昨年の3月11日は東京にいて、様々なことを考えました。焦りましたね。
少なくなった販売チャンスを逃さないようにと、今年はこれまで以上に声をかけていただいた場所に打って出ています。しかし、全てが満足した結果が得られるわけでも無く、落ち込むこともあります。
「展示レイアウトはこれでよかったのだろうか?」
「もっと打ち合わせしなければいけなかったか、、、。」
「お客様へのDMはよかったのだろうか?」
「ああ、今日は集中力が欠けていたな、、、。」
常に反省を繰り返し、今後に繋げていきたいと思います。

12年前に急性気管支炎で倒れてて以来、ほぼ二ヶ月毎に血液&尿検査をしています。
時々呼吸検査やエコー、MRI検査なども、、、、。
先月の検査で、血中コレステロールがすべて範囲内になっていました!!
「おお、名古屋であの食事だったのに、、、、」
そう、名古屋での企画中の夕食はこってり系が多かったので心配していたのですが、そんな数日のことで乱れることはなかったようです。油系、肉系は食べなくなっていますねえ。他の数値は肝臓、HA1C数値が高めなので、やはり食事は気を付けないといけませんが、、、。

11~12月も出張が続きます。
来年以降の計画、打ち合わせなども含めながら動いていきたいと思います。
今年は、これまでの本堅地技法の「漆の重ね箱」に加えて、三越伊勢丹オンリーMI商品の「千すじ漆箱」、一昨年の有元葉子さんのおせちレシピ本に使っていただいた「地塗り漆箱」など、いろいろな食事シーンで使うことができる「漆箱」をご紹介し続けています。
「まるい」器が多い中、「しかくい」器も食卓が締まり、食べ物も映えてきます。
今後は大阪、東京、兵庫、福岡、そして東京と動きます。
ぜひ、今後の企画でご覧下さい。

輪島キリモト・桐本木工所 桐本泰一


大阪・阪神梅田本店 7階イベントステージ「ステージ 7」
輪島キリモト「重ねて広げて嬉しい漆箱・漆皿」展

●会期  2012年11月7日(水)~13日(火) 10:00~20:00
●場所  阪神梅田本店 7階イベントステージ「ステージ 7」
     〒530-8224 大阪市北区梅田1丁目13-13
     TEL.06-6345-1201
組合せや使いやすさにこだわった漆の重ね箱・皿をご紹介いたします。
「地塗り漆箱」は、食べ物がよく映えるようにと低いサイズに設定した漆箱です。今回、阪神オリジナルの「地塗り漆皿」として3タイプの新作を創作しました。輪島の珪藻土と漆を掛け合わせた仕上げは、傷がつきにくく、普段の暮らしの中で幅広くお使いいただけます。


■会期中は桐本泰一が在店いたします。
■トークショー&実験「漆器とその他の素材を比べてみましょう」
 11月7日(水)、10日(土)、11日(日) 14:00~


■特別企画:うるしの器 at チルコロ
会期中、西天満「チルコロ」では、輪島キリモトの漆器にてお料理を楽しんでいただけます。
阪神百貨店の担当者さんご友人のお店。バラエティーに富んだ和食中心の料理は、どれも仕込みがしっかりしていて、セレクトされた日本酒は料理を邪魔しない旨口ばかり。今回、企画打合せの延長上で、この特別企画がまとまりました。実際に輪島キリモトの噐を見て、触ってみてください。(TEL.06-6365-6758)


輪島キリモト・本町店&金沢店限定 お直し無料サービス

●会期   2012年11月5日(月)~2013年1月31日(木)
●営業時間 本町店/月~金 8:30~12:00 土日・祝日 8:30~15:00(定休日:水)
      金沢店/11:00~18:00(定休日:水)
もっと気軽に漆器を使ってもらえるようにと、期間中、本町店または金沢店で輪島キリモトの商品をご購入の方に限り、お直し無料サービスの対象となる「保証書」をお渡しいたします。
※使用状況、破損状態によっては有償となる場合がございます。
※詳しくは各店舗スタッフへお尋ねください。
■本町店
■金沢店



のページへ

前のページへ


いつものうるし通信
バックナンバー

▶ 2016年

▶ 2015年

▶ 2014年

▶ 2013年

▶ 2012年

▶ 2011年

▶ 2010年

▶ 2009年

▶ 2008年

▶ 2007年

▶ 2006年