いつものうるし通信 第108号
2011.10.26


父帰る。
5月13日に脳梗塞で倒れた父が10月1日、4ヶ月半ぶりに金沢の病院から自宅に帰ってきました。金沢市や、白山市に住む妹たちのサポートもあり、何とか退院できました。最初はしゃべれず、右足もふらふらだったのですが、父なりにリハビリテーションをこなし、杖をついて歩けるようになりましたし、話は普通になりました。トイレ、お風呂、着替え、食事などは自分でこなせます。

残念ですが、右手でカンナを持つことはできません。
しかし、父が退院して10日後から、なんと!午前中だけ工房に復帰しました。
右手は不自由だし、右足もゆっくりとした足取り。午後からは市内の病院にリハビリに通う毎日。工房若手職人に、木取りなどの指導をしてもらうはずだったのですが、名刺入れの木材を木取りする事から働き出したのです。

働く事が趣味のような父ですから、工房に出るだろうとは予想していましたが、作業を始めるとは・・・。危ないことには間違いないので、無理はできないし、させられません。食事などもしっかりと管理して、まだまだ気をつけないといけない状態です。

工芸などの職人は大企業に勤務することと違って、一生働くことができる職種。
私をはじめ、若手職人もハラハラなのですが、この動きに刺激を受けて、なんとかこの苦境を乗り越えて行きたいと思います。
そんな輪島キリモト・桐本木工所が提案する「季節を愉しむ企画」、原点でもある「木のしごと」にスポットを当てた企画のご案内です。ぜひお立ち寄りください。

輪島キリモト・桐本木工所 桐本泰一


神戸大丸  「ぬくもりのうつわ」

●日時  平成23年10月26日(水) ~ 11月1日(火) 10:00~20:00
●場所  大丸神戸店 7階 漆器売場
     〒650-0037 兵庫県神戸市中央区明石町40
     TEL:078-333-2489
ふっくらとした炊きたてのごはん。漆器によそうと、白さと輝きが引き立ち、いつもとは違った美味しさを味わうことができます。熱が伝わりにくい漆器は、時間が経ってもごはんが冷めにくく、ほんのりとした温かさを手のひらに伝えてくれます。お気に入りの「ぬくもりのうつわ」を見つけてみませんか。


■桐本泰一在店:10月26日(水) ~ 29日(土)
■輪島キリモトスタッフ在店:10月30日(日) ~ 11月1日(火)


銀座三越  DESIGNTIDE TOKYO2011
「いしかわの美しいかたち かわいいかたち」

●日時  平成23年11月1日(火) ~ 8日(火) 10:00~20:00
●場所  銀座三越 9階 銀座テラス テラスコート
     〒104-8212 東京都中央区銀座4-6-16
     TEL:03-3562-1111
漆、陶磁、金工、ガラスなど石川ゆかりの工芸品から若手作家の作品まで、伝統の継承だけでなく、作家それぞれの個性と創造性が溢れるデザインによるモノづくりを紹介します。モダンな形、可愛い形、美しい形。今までの枠にとらわれない、様々な石川の心と形をお楽しみ下さい。


■桐本泰一在店:11月1日(火)15:00 ~ 5日(土)
※桐本泰一在店中は、拭漆の実演も行います。
※上記以外の時間帯は、輪島キリモトスタッフが在店いたします。


東京ビッグサイト  「インテリアライフスタイルリビング」

●日時  平成23年11月2日(水) ~ 4日(金) 10:00~18:00 ※最終日は17:00まで
●場所  東京ビッグサイト IFFT 東2ホール 小間番号B-719
     〒135-0063 東京都江東区有明3-10-1
石川県デザインセンターの一角に出展いたします。
輪島キリモト・桐本木工所の「木のしごと」をご紹介いたします。


■期間中は、輪島キリモトスタッフが在店いたします。
※招待券をご希望の方は、 urushinoma@kirimoto.net にお届け先、ご希望枚数をご連絡下さいませ。10月30日(日)までにご連絡いただけますと、会期前にお送りいたします。



のページへ

前のページへ


いつものうるし通信
バックナンバー

▶ 2016年

▶ 2015年

▶ 2014年

▶ 2013年

▶ 2012年

▶ 2011年

▶ 2010年

▶ 2009年

▶ 2008年

▶ 2007年

▶ 2006年