いつものうるし通信 第71号
2009.10.12



歌が好きです。
カラオケで歌うだけではなく、聞くのも好きなんです。
国営放送の全国中学校合唱コンクールなんかも見ています。聞いています。
課題曲の工夫、自由曲の幅広さを愉しんでいます。
昨年のアンジェラ・アキ、今年のいきものがたり、どちらも心にグッとくる曲を作っていますね。好きな音楽を気分転換に聞くようにしています。

そう、気分転換。
最近いろいろな事を考えすぎているので、気持ちの浮き沈みが激しいんです。
前向きな気持ちを持ち続けるには、意識した気持ちの切り替え、気分転換、充分な睡眠が必要です。当たり前の事なのですが、気がついたら深みにはまっていることがあり、なかなか実行出来ていないことがありますね。

東京事務所に宿泊するようになり、朝だけ自炊は続いていますが、輪島の自宅でも、休日前、休日は料理をすることにしています。まだまだ下手で、いろんな料理本を読んで実行しています。先日友人宅に招かれ、見事な包丁さばきを見せてもらい、おいしい料理をいただきました。
「ああ、かっこいいなあ。」「ああ、おいしいなあ。」気分がすっとしてきました。

歌の次に料理をすることが気分転換になるかも・・・。
もちろん後片付けもしないといけませんが。

さて、伊勢丹立川店での企画展のご案内です。
私としても初めての場所ですが、お店としても漆器の企画は初めてとのことなんです。比較的新しいお店ですから、かなり広々とした企画スペースです。
器や小物だけでなく、普段はなかなか展示出来ない漆のフローリングやちゃぶ台、桐座椅子、ダイニングテーブル、小椅子、棚なども展示します。それぞれのシーンに合わせた空間の展開となっていますので、暮らしの中の漆を直接感じていただけると思います。家具オーダーなどのご相談も承ります。

あちこちで漆の話を聞いてもらうようにしています。今回も10月17日(土)にトークショーを行います。みなさま、ぜひお立ち寄り下さい。

輪島キリモト・桐本木工所 桐本泰一


「いつものうるし」 桐本泰一 漆展

●会期 2009年10月14日(水) ~ 26日(月) 午前10:00~午後8:00
●会場:伊勢丹立川店6階=駅側モール
    東京都立川市曙町2-5-1 伊勢丹立川店内
    tel 042-525-1111
「扱いにくですよね?」「かぶれるのでは?」と誤解されることもある本物の漆器。
うるしは温度25度、湿度70~80%で「乾き」、しっとりとして深みがある艶を保ちながら存在します。人の手や口との相性がとても良いものです。完成した漆器はかぶれることもなく、中性洗剤も使えます。水、お湯どちらで洗っても構いません。そんな安心安全な漆の器、小物、家具に至るまでを一堂にご紹介いたします。


■桐本泰一在店日/10月17日(土)、18日(日)
17日(土)午後2:00~、午後4:00~各回30分トークショーを行います。
■輪島キリモト・スタッフ在店日/10月14日(水)、24日(土)、25日(日)、26(月)



のページへ

前のページへ


いつものうるし通信
バックナンバー

▶ 2016年

▶ 2015年

▶ 2014年

▶ 2013年

▶ 2012年

▶ 2011年

▶ 2010年

▶ 2009年

▶ 2008年

▶ 2007年

▶ 2006年