第30号 2007.12.12



10日(月)で「石川の工芸で愉しむ手しごと展」が無事に終了しました。
漆だけでなく、様々な作り手さんとその作品に出会うことはとてもいい刺激となります。
ご来店いただきました方、ありがとうございました。

いよいよ12月の中旬。

今回は三越恒例の年末最大のイベント「輪島塗展」と、1月に開催されます新宿OZONEでの
「和のある暮らしのカタチ展」応援メッセージ募集についてご案内いたします。

輪島キリモト・桐本木工所 桐本泰一


「輪島塗と和風家具展」

●会期 平成19年12月18日(火)~25日(火)10:00〜20:00
    ※日曜・祝日、最終日は19:30まで
●会場 日本橋三越本店 本館7階 催物会場
    〒103-8001 東京都中央区日本橋室町1-4-1
    tel:03-3274-8533
日本橋三越本店、年末のメインイベントとなる、輪島展に昨年に続き出展することが決まりました。作家物から伝統的な輪島塗まで一堂に揃う機会はめったに無く、見応えあります。
○出展漆芸作家・漆の作り手:小森邦衛 人間国宝、箱瀬淳一、津田哲司、瀬戸國勝、桐本泰一 他


桐本泰一は今回「漆の飾箱」を新作として出品します。
丁寧にくり出した豊かな形状を持つ漆黒の蓋を開けると、そこにはきらびやかな未来を連想させる奥行きのある金蒔絵表現(白檀塗り)が施されています。小さいながらも迫力のある仕上りです。
(大)19.5×20.5×高さ9.5cm
(小)14.0×15.0×高さ7.5cm
その他、重ね箱や酒器、卓上膳など迎春向け商品を提案します。
■桐本泰一、輪島キリモトスタッフの川上真美のどちらかが会期中在店いたします。


「第3回 和のある暮らしのカタチ展」 応援メッセージ募集
和のつくり手 50選

●会期 2008年1月18日(金)12:00〜19:00  (桐本泰一/終日在廊)      
        1月19日(土)10:30〜19:00(桐本泰一/終日在廊)
        1月20日(日)10:30〜18:00(桐本泰一/14時~在廊)
●会場 リビングデザインセンターOZONE パークタワーホール新宿パークタワー3階
    東京都新宿区西新宿3-7-1
●主催 独立行政法人 中小企業基盤整備機構
●後援 経済産業省、財団法人 伝統的工芸品産業復興協会、全国地方新聞連合会
●協力 リビングデザインセンターOZONE
全国から選ばれた伝統工芸品のつくり手による展示コーナーです。
つくり手が作品を通じて、その歴史、文化、技法などのこだわりを紹介します。
※輪島キリモトは基本的に会期中は販売をしていません。
 購入ご希望の方には、後日輪島よりお送りいたします。


○つくり手のものづくりへの思いを公開中
輪島キリモトの画像をクリックしてメッセージを入力いただけましたらうれしいです。
メッセージを入れてご来店いただいた方、毎日先着30名様にイマバリタオルのストールをプレゼント企画もあります。



のページへ

前のページへ


いつものうるし通信
バックナンバー

▶ 2016年

▶ 2015年

▶ 2014年

▶ 2013年

▶ 2012年

▶ 2011年

▶ 2010年

▶ 2009年

▶ 2008年

▶ 2007年

▶ 2006年