いつものうるし通信 第74号
2009.11.12



気がつくと11月。朝晩の冷え込みが厳しくなってきました。
輪島市内でも、インフルエンザ発症が目立ってきており、先週は次男が通う中学校が1週間休校となりました。わたしは、8年前に倒れてからぜんそくを発症、外観も内臓もおでぶちゃんなので、新型インフルエンザには絶対感染できません!手洗い、うがいを徹底しています。
やせりゃいいんですがね・・・・・。

さて、先月今月の私の動きは、「お話し」をする企画、講義などがいくつかあります。
10月23日は富山県高岡市「金屋町楽市inさまのこ」オープニングイベントでのシンポジウム。
5日は、東京ビックサイトで開催された「中小企業総合展」でのトークセッション。
14日は石川県の北陸先端大学が開催している「伝統工芸MOT」。
17日は佐賀大学「ひと・もの作り唐津」。
24日は金沢で「中部知財フォーラム2009in北陸」。

もともと、話すことは嫌いではありませんが、体系立てて、しっかりと聞いていただく話となると、テーマに応じてまとめることにすこし時間がかかります。2,3年続いている講義もありますが、毎年生徒さんが違うとのことですから、開催日が近づくとやはり緊張します。

それでもお引き受けするのは、いまの自分がやっている仕事の内容を常に確認できるからです。まとめる作業をしていると、「はっ」と気がつくことがあります。「ああ、こうだった・・・・」「あれ、これはこう進んだなあ」「これは、まだやることあるな」過去を振り返ると言うより、何度も今の「自分を確認」しています。

モノを生み出す、創り出していくことが好きです。考える事も大好きです。
これまでは自分がやらなきゃ!の一心でしたが、最近は輪島工房の職人さん、東京スタッフさんと一緒に、幅広く桐本木工所の強みを口に出して、もう一度実践しよう!と話をしています。
苦しい中、自分の足元を常に確認しながら、「強みはなにか」「弱みはなにか」「この方向で良いのか」・・・・・

輪島工房でのミーティングでは、いろいろな前向きな意見が出てきます。
ある意見に対する反論などもあり、はらはらもしますが、今だからこそその姿勢を前向きに持って行きたいのです。桐本の漆器木地製品を、輪島市外でも発表、展示販売してはどうかと意見がでました。産地内で売れない売れないではなく、全国で桐本の漆器木地を求める作り手がいるかも知れないじゃないですか!と。
「おお!そうやね。ではやろう!」
早速、東京都内のギャラリーさんとの打ち合わせで、この案が採用されました。
以前、桐本の工房見学に来てくれたスタッフさんからも同時に提案されたのです。
モノを創り出す工房を違った側面から見ると、まだまだ有効な筋道があるようです。

確認、前進、また確認、、、、、。
いつまでもいつまでも続きますが、わずかな可能性を探り、「もっと何かが出来るのではないか?!」という気持ちで進もうと思います。

さて今回は、南青山から自由が丘に移転された素敵なインテリアショップ「カギロイ」さんでの低座で愉しむお茶とお菓子の企画展と、こちらは初めてのチャレンジになります、町田のこだわり酒屋「リカー・ポート蔵家」さんでの企画展のご案内です。

カギロイさんは、「ニッポン自慢のカギロイインテリア」をコンセプトに、日本の素材や製作の技術を現代の暮らしの中に提案することを目的としたライフスタイルショップです。6月に自由が丘に店舗を移転してから初めての企画展となります。
今回の企画展のテーマは、『一休みのカタチ』。
20日には和菓子職人さんの上生菓子製作実演も予定されており、輪島キリモトはお茶を愉しむ正座椅子・低座椅子などの家具や和菓子を愉しむ漆などを中心に出品いたします。

リカー・ポート蔵家さんは日本酒の試飲即売会を行っている日程で、お酒にちなんだ漆を中心に展示販売するというどちらも愉しい企画となっております。

生活に溶け込んだ、毎日使いたくなる漆。
そんな漆の提案を2つの企画展で改めて提案できたらと思っています。

輪島キリモト・桐本木工所 桐本泰一


自由が丘・カギロイ「一休みのカタチ」 

●会期 2009年11月13日(金) ~ 12月3日(木) 11:00~20:00
※最終日は17:00まで / ※20日のみ21:00
●会場 カギロイ
    〒158-0083 東京都世田谷区奥沢5-28-1 fino JIYUGAOKA 2F
    tel 03-3721-7186 fax 03-5483-5058
慌ただしく過ぎていく日々の暮らし。ちょっと一休みしませんか?カギロイでは五感で感じる『一休みのカタチ』を、雑貨とカギロイらしい低い家具で提案いたします。(DMより)
店内に設けたさまざまな一休みのシーンでは、お好きな茶器を選び、お茶とお菓子(有料)をお召し上がりながら一休みのカタチをお過ごし頂けます。


【出展者】
・桐本泰一(漆器)
・濱中史朗(陶器)
・吉田順子(切子の器)
・大中和典(陶器)
・西川美穂(真鍮と洋白の器)
・ウフモフ(焼き菓子)


■特別イベント 和菓子職人 政一による「上生菓子製作実演」
2009年11月20日(金) 14:00/16:00/19:00
お客様の前で、季節を形に表現する練り切り(ねりきり)と呼ばれる上生菓子の製作実演を行います。今回は、深まった秋をテーマにお菓子を作って召し上がって頂きます。

桐本は、正座椅子・低座椅子、ネストテーブルなどの低めの家具の他、酒器やお菓子を愉しむ器、新作のアテハコシリーズなどを出品いたします。広く開放的な、カギロイさんのスペースにどのように映えるか愉しみです。


町田・リカー・ポート蔵家での企画のご案内

●会期 2009年11月14日(土) 11:00~19:00 / 11月15日(日) 11:00~18:30 
14日(土):輪島キリモトスタッフが在店します。
15日(日):桐本泰一が在店します。
●会場 リカー・ポート蔵家
    〒194-0037 東京都町田市木曽西1-1-15 蔵家3Fイベントルーム
    tel 042-793-2176 fax 042-793-2177
●アクセス方法
小田急線町田駅 町田バスセンター
・2番のりば(境川団地経由)約12分「境川団地」下車、進行方向へ徒歩1分
・3番のりば(境川団地経由)約12分「境川団地」下車、進行方向へ徒歩1分


両日、日本酒試飲即売会を開催しており、同じイベントスペースで輪島キリモトの漆器も酒器類を中心に展示いたします。おいしいお酒をよりおいしくする漆の酒器。漆の酒器で試飲もできますので、みなさまどうぞお立ち寄りください。
【日本酒試飲即売会参加メーカー】『菊姫』『羅生門』『小左衛門』『花泉』の蔵元さんが参加



のページへ

前のページへ


いつものうるし通信
バックナンバー

▶ 2016年

▶ 2015年

▶ 2014年

▶ 2013年

▶ 2012年

▶ 2011年

▶ 2010年

▶ 2009年

▶ 2008年

▶ 2007年

▶ 2006年