いつものうるし通信 第86号
2010.06.11



6月は私の生まれ月。また一つ年齢を重ねます。
今年に入り、はじめてお会いする方には、年齢の話になると「今年寅年の36才です。」と言っています。みなさんの反応は、一瞬納得した顔をしてくれるのですが、瞬く間に「え~?」「はあ~?」となります。「そうですよね、48才です・・・」

なぜ、一瞬納得をするのか?
それは、この大きな頭に白髪が見あたらないからのようですね。実際は、右こめかみの近くに1本あります。抜いてもここだけ出てくるのです。

母方の祖父は教員をしていたのですが、なんと引退記念の写真でも頭は真っ黒!白髪はほんの少ししか見えないのです。髪の毛は母方の血が支配しているようです。

しかし、体は疲れが抜けにくくなりました。「情けない!がんばれよ!」と自分に言い聞かせていますが、どうもいけません。48才の体調をしっかりと自覚して、徐々に回復させていかなければ!!

以前、老眼鏡をかけて、あちこち見ると頭がいたくなる・・・とはなしました。
「私はその状態が2年つづきました!集中力は無くなり、大変です。」という返信をいただきました。「げえ!そんなに慣れないものか・・・」と落ち込みましたが、「でも、考えようで。年齢相応に近い細かな事は見ないで、大局を見るのが仕事になったと考えてます。」と締められていました。そうやなあ・・・・とすごく納得しました。

今年に入り、工房の職人さんが新作の提案、試作をてがけたり、企画展の現場でも接客してもらったり・・・。うるしの事務室スタッフさんには、これまで以上に細かな調整、営業なども手がけてもらっています。工房事務室からも桐本らしい新作提案が上がって、試作を繰り返しています。 

内閣支持率はV字回復したようですが、輪島キリモトは、生業の木地業の低迷をカバーするために工房業務の改善をしたり、営業体制の強化着手中で、なかなか大きな光は見えてきません。
そんなか、輪島キリモト・桐本木工所一同で取り組む体制が整ってきたようです。原点をしっかりと確認しながら一歩一歩踏みしめて進んでいきたいと思います。みなさま、応援よろしくお願いいたします。



今回は1年ぶりとなります、ヘンゼル&グレーテル成城学園前店での展示のご案内です。
昨年の「はじめてのうるし」から発展して、「いつものうるし」をテーマに展開いたします。輪島キリモトの定番の器や小物たちに加え初登場の器が、ヘンゼルト&グレーテルさんの素敵な店内でみなさまをお越しをお待ちしております。

さらに、11日(金)~13日(日)の3日間は、桐本泰一がレクチャーを行います。
様々なご質問にも全力でお答えしますので、ぜひお立ち寄りください。
よろしくお願い申し上げます。

輪島キリモト・桐本木工所 桐本泰一


ヘンゼル&グレーテル 「いつものうるし」

●会期 平成22年6月11日(金)~21日(月) 
●時間 10:00~21:00  ※最終日は18:00頃まで
●会場 ヘンゼル&グレーテル 成城学園前店
    〒157-0066 東京都世田谷区成城6-5-34 成城コルティ2F
    TEL: 03-5429-2525
もっと漆を毎日の生活の中で使ってもらいたい・・・。
そんな想いで多くの職人さん達と一緒にうるしの器などを作っています。2回目となる今回は、落ち着いた朱から黒のグラデーションシリーズ、白木が清々しいアテハコ、そして今年の新作などをご披露いたします。


■イベント:桐本泰一ミニレクチャー「うるしを使ってみませんか!」
 6月11日(金)、12日(土)、13日(日) 14:00~(約45分)
■桐本泰一在店日:6月11日(金)~13日(日) 11:00~19:00頃
■19日(土)、20日(日)は輪島キリモトスタッフが在店いたします。



のページへ

前のページへ


いつものうるし通信
バックナンバー

▶ 2016年

▶ 2015年

▶ 2014年

▶ 2013年

▶ 2012年

▶ 2011年

▶ 2010年

▶ 2009年

▶ 2008年

▶ 2007年

▶ 2006年