第33号 2008.02.07



寒い日が続いていますが、お変わりありませんか。
輪島も朝晩とかなり冷え込みます。雪はたくさん積もるほどではありませんが、しんしんと降る雪ではなく、風を伴っての冷たい雪です。
しかし、こんな寒いのに自宅の風呂を改装しています。
昨年の地震で、モルタルづくりの浴室は無惨にも四隅が割れ、タイルも横にヒビが入りました。
浴槽は入れたのでそのまま使っていましたが、夏には虫が入ってくるし、父がどうしても耐えられない・・・というので一大決心。
壊してみるとあちこち腐りが発見され、3週間以上も市内の銭湯、温泉通いとなりました。まだ、脱衣場は完成していませんが、今晩から使えるようになりました。
あたらしい浴室が楽しみです。

2月はいろいろなテーマの企画に参加します。
ぜひ、ご来場ください。

輪島キリモト・桐本木工所 桐本泰一


伊勢丹新宿本店 ザ・ジャパンウィーク 「和菓子を楽しむうつわ展」

●会期 2008年2月6日(水)〜2月19日(火) 10:00〜20:00
●会場 伊勢丹新宿本店・本館5階・特選和食器
    tel:03-3352-1111
木目の美しさを引き立て、使い込むほどに輝く、艶やかな透漆の木地呂皿。表面硬度が高い、桐本氏独自の蒔地技法の椿皿。店頭では「とらや」の生菓子を合わせて紹介いたします。
(ザ・ジャパンウィーク パンフレットより)
※上記皿の他にも、鉢・板皿・山道盆・茶托など和菓子に合ううつわを展示しております。


■桐本泰一在店:10日(日)、11日(月・祝)
■桐本泰一トークショー:2月10日(日)、11日(月・祝) 14:30〜


カギロイ素材展 vol.15 「漆」

●会期 2008年2月7日(木)〜3月4日(火) 11:00〜19:00 ※水曜定休
●会場 カギロイ
    〒107-0062 東京都港区南青山3-9-3
    tel:03-5474-8508 / fax:03-5772-7136
今回の素材展「漆」はカギロイならではのインテリア・デザイン・質感、さらに使いやすさにこだわり、3人の作家の方にお願いいたしました。
桐本さんには、桐本デザインの家具のほか、小泉誠、山﨑宏デザインのアイテムを。
乾漆という技法で作っていらっしゃる鎌田さんには日々の器を。
乾漆の特質を生かし、薄手ですっとした直線やなめらかな曲線は今までにない漆の魅力です。
堀内さんには手元に置いて使っていたい小物たちを。
手鏡やお箸、お弁当箱などをお願いしています。
どれも多くの方に手にとってご覧になっていただきたいものばかり。お気に入りのひとつが見つかりますように。(DMより)
○出展者:桐本泰一、鎌田克慈、堀内亜理子


※カギロイでは桐本泰一の漆家具やオリジナルの木製家具のオーダ―を承って
 おります。色味や形、大きさなどお気軽にご相談ください。



のページへ

前のページへ


いつものうるし通信
バックナンバー

▶ 2016年

▶ 2015年

▶ 2014年

▶ 2013年

▶ 2012年

▶ 2011年

▶ 2010年

▶ 2009年

▶ 2008年

▶ 2007年

▶ 2006年