いつものうるし通信 第51号
2008.11.07



11月に入り、めっきり寒くなってきました。
夜に大好きな「お米」などの炭水化物を食べない習慣を続けています。
すぐにマイナス4キロになったのですが、それからがもう一つ・・・私の体格では、4キロぐらいでは外見はわかりません。10キロ減ったら、「お、痩せましたね!」とわかりますかねえ。

さて、
桐本木工所の一番若い職人・久保田啓介君は、輪島出身。
大学で工業デザインを学び、Uターンして桐本木工所に入社しました。今年の7月に4年間の木地弟子期間を経て年季明け。一人前の職人としての第一歩を歩み始めました。木地加工はもちろんのこと、拭き漆や蒔き地などの漆塗り作業も行っています。

今年は石川県デザインセンター主催の物作り勉強会に参加。
その成果の品を銀座松屋で開催されます「金沢からお正月」企画で発表いたします。
それは、シンプルな角トレーと角皿、4種類。美しくておいしいお正月のお料理を楽しんでいただくため、様々な使い方ができる漆の器です。

輪島キリモトは、桐本泰一自身のデザインばかりでなく、小泉誠 氏、塚本カナエ氏、山崎宏氏、大治将典氏といった都市部の生活を楽しみながら、暮らしに根付いたデザインをされている方々の漆製品も製造販売しています。今後は、久保田啓介君はじめ、職人、スタッフからのヒント、デザインをまとめたシリーズなどを発表していきたいと思っています。

また、14日(金)~20日(木)は群馬・藤岡のあかまんまさんで初めて展示いたします。
輪島キリモトオリジナル、金属のスプーンも使える漆の器「蒔地シリーズ」を中心に出品します。金工作家の坂野友紀さんとの2人展です。

地元に根ざし今年20周年を迎えられた、あかまんまさん。
はじめてのギャラリーでの新しい出会いを今からとても楽しみにしています。
14日(金)初日は11時より桐本泰一在廊いたします。
どうぞお出かけください。

輪島キリモト・桐本木工所 桐本泰一


松屋銀座「金沢からお正月」

●会期 平成20年11月12日(水)~24日(月) 10:00~20:00 ※最終日18:00閉場
●会場 松屋銀座・6階特選和食器
    東京都中央区銀座3ー6ー1 〒104ー 8130 
    tel:03-3567-1211(大代表)
●主催 (財)石川県デザインセンター・石川県クラフトデザイン協会
10年目を迎え、ますます技を上げ、魅力を増す作り手達。
ベテランから若手まで約40名が、華やかに楽しげに、2009年のお正月を創りました。
金沢からの晴れやかな新作の数々、どうぞ一緒にお楽しみください。


輪島キリモト(漆)+坂野友紀(金工)展

●期間 11月14日(金)~20日(木) 10:00~19:00 ※会期中無休
●会場 慶瑞あかまんま(藤岡市)
    群馬県藤岡市藤岡405 〒375ー0024
    tel:0274-22-1746
●交通 JR八高線・群馬藤岡駅より徒歩7分 ※駐車場あり
金属のスプーンを使っても 傷つきにくい 輪島キリモトの蒔地の器を中心に、チャレンジ精神旺盛な桐本泰一さんの木地屋ならではの器。坂野さんのシンプルで使い易いスプーンやホーク。
楽しい2人展になりそうです。(HPより)


■桐本泰一在廊日     11月14日(金)11:00〜
■キリモトスタッフ在廊日 11月15日(土)、16 日(日)



のページへ

前のページへ


いつものうるし通信
バックナンバー

▶ 2016年

▶ 2015年

▶ 2014年

▶ 2013年

▶ 2012年

▶ 2011年

▶ 2010年

▶ 2009年

▶ 2008年

▶ 2007年

▶ 2006年