いつものうるし通信 第115号
2012.06.07


台風以上の強い風、ひょう、落雷、竜巻・・・・・。
これまでとは明らかに違った異常気象が続いています。
みなさんのお住まいはいかがでしょうか。大丈夫でしたか?
こればかりは気をつけていても限界もありますよね。
先月、輪島も久しぶりにドスン!という上下に動く地震がありました。
震度3という事でしたが、どうもそんな動きではなかったような、、、。

しかし、自然は怖いばかりではなく、地元能登、輪島の周辺を回ると、
心癒されるところも多いですね。
デザイナーOM氏に触発されて、32年ぶりに一眼レフカメラを購入しました。
いわゆるミラーレスカメラ「OLYMPUS OM-D」。
何から何まで調べて購入したわけではなく、、、単なる勢いでしたが、コンパクトで明るい!
今月50才になるおっちゃんが、久しぶりに手に入れたおもちゃに喜んでいるという状態です。

まだまだ機能の10%も使っていないと思いますが、能登、輪島、近所の自然がより綺麗に表現されます。もっともっと綺麗な能登・輪島を撮していきたいと欲も出てきました。子供はどんどん大きくなっていきますが、この子たちにもこの自然をそのまま残してやりたいですね。ほんとうにそう思います。

気象、政情、世界経済、、、、いろいろなものが不安定ですが、なにも大きな開発がなかった能登半島には、安定した自然が多いと思います。大陸に見られる壮大なスケール、奥行きの深い森林、どこまでも深い海ではありませんが、日本そのままが残っていると感じるのです。

手作りの世界はまだまだ苦境が続いています。でも、木や漆モノを創り出す仕事に携わりながら、この自然のそのまま、このままを維持する動きをしていきたいなと思います。

さて今月は、全編にわたって監修をさせていただいたテレビ放映があります。
さらに、今年初めての大阪での企画、金沢店も3回目のMYスプーンワークショップ。
日本橋三越店での在店など、盛りだくさんです!
輪島キリモトのさまざまな動きにご注目ください。よろしくお願いいたします。

輪島キリモト・桐本木工所 桐本泰一


テレビ朝日系列「奇跡の地球物語」 放映のご案内

●日時  平成24年6月10日(日) 18:30~
●番組  テレビ朝日系列 「奇跡の地球物語」
テレビ朝日系列にて放映されている近未来科学番組「奇跡の地球物語」。
126番組目、ついに「輪島塗」が特集されます。科学の視点からの輪島塗の秘密にも迫り、これまでになかったわかりやすい特集となっています。 お時間ございましたら是非ご覧下さい!


輪島キリモト・日本橋三越店 試飲企画

●会期  平成24年6月14日(木)~17日(日) 14:00-17:00
●場所  日本橋三越 本館5階 J・スピリッツ
熱を通しにくい素材である木と漆は、氷が溶けにくく、冷たい飲み物がぬるくなりにくい優れものなのです。そこで、うるしのカップを使った試飲会を企画いたしました。「夏もうるし!夏こそうるし!」を体感してみませんか。


■桐本泰一在店:6月14日(木)15:00~、15日(金)13:00~、16日(土)・17日(日)11:00~


阪神百貨店 「持ち出して楽しむ漆箱」展

●会期  平成24年6月20日(水)~26日(火) 10:00~20:00
●場所  阪神百貨店7階イベントスペース「ステージ7」
     〒530-8224 大阪府大阪市北区梅田1丁目13-13
     TEL:06-6345-1201
約10~20年以上落ち着かせた木地、丁寧な漆塗が施された「漆箱」を思い切って外に持ち出しませんか!弁当箱をはじめとして、運動会、花火大会、持ち寄り食事会など、使い方のご紹介や、デザイナー大治将典氏と一緒に創作した日々重、小ます、ぐい呑み、箸箱などを初披露いたします。


■期間中は桐本泰一が拭漆・作図実演し、特注・漆器のお直しなどのご相談も承ります。
■6月20日(水)・23日(土)14:00~漆のトークショーを紙芝居形式にて披露いたします。


輪島キリモト・金沢店 「MY スプーンをつくろう」

●日時  平成24年6月24日(日) 昼下がりの部 13:00~/夕暮れの部 16:00~
●場所  輪島キリモト・金沢店
●定員  各回10名
●料金  お1人様 2,625円+実費(1,575円~)
お好みの形・サイズのスプーンを選んで、木地仕上げと拭漆体験を行っていただきます。工房の職人が木や漆のこと、道具のことなどもお話しいたします。職人技も間近で見れるかも!作業の後には、輪島のお菓子とお茶で一息。
※ご希望の方は、TEL(076-254-0058)またはMAIL(kanazawa@kirimoto.net)にてお申し込みください。



のページへ

前のページへ


いつものうるし通信
バックナンバー

▶ 2016年

▶ 2015年

▶ 2014年

▶ 2013年

▶ 2012年

▶ 2011年

▶ 2010年

▶ 2009年

▶ 2008年

▶ 2007年

▶ 2006年