いつものうるし通信 第104号
2011.07.28


4月9日に胆石発作、5月25日に胆嚢摘出手術・・・。
6月中はおなかに力が入らず、満足に動けなかったのですが、7月に入って本格的出張に出られるようになりました。営業、打ち合わせなどに動けなかったので、厳しい状況が続きます。しかし、動けるようになったうれしさ、ありがたさを実感しています。

この3ヶ月間、輪島キリモトの中で多くの動きがありました。
親方である父が脳梗塞で倒れ、現在リハビリ中。
そんな中での金沢店開店。私も入院、療養していましたので、輪島工房の職人さん、工房事務室、うるしの事務室、金沢店、輪島本町店それぞれのスタッフの仕事分担がはっきりとしてきました。

うるしの事務室スタッフは、従来動きに加えて、商品開発を担当。
輪島工房職人と連携したもの作りが本格化してきました。
三越スタッフは、これまでに保管していた様々なデーターを分析、解析。
さらに、こまめなお知らせ発信を徹底。
輪島工房では、倉庫に眠っている貴重な木材を生かした製品試作。
どうすれば、もっと質の高い商品を作ることができるのかを再考。
新装金沢店、桐本発祥の本町店での細やかな接客。
HPの内容もシンプルでわかりやすく、楽しく濃い内容に・・・。

「人の力を信じて」「知恵を出す」「まず動く」「立ち止まる」「また動く」・・

天然木にほんものの漆を塗った品物が、この暮らしで本当に必要な物なのかが問われています。
「手間がかかっていますから」「いいものですよ」そんな曖昧な言葉では使い手のみなさまにご理解していただけません。真摯にもの作りを進め、わかりやすく、実感していただける企画を行い、傷んだ場合、
お直しもしっかりと・・・。

木や漆モノは、手に取った時が優しく、口を付けるとホッとします。食べ物の色味をさらに映えさせます。普段の暮らしの中で気持ちよい時間をサポートできる手作りものを知って欲しいと思うのです。みなさま今後ともよろしくお願いいたします。

今回は、今年で5回目となる舎林さんでの企画展と金沢店での第2回目のワークショッ
プのお知らせです。ぜひお越し下さいませ。

輪島キリモト・桐本木工所 桐本泰一


大阪・漆ギャラリー舎林 いつものうるし展5

●日時  平成23年8月5日(金) 〜 12日(金) 11:00〜18:00 ※会期中無休
●場所  漆ギャラリー舎林
     〒545-0052 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋2-4-41
     TEL:06-6624-2531
今年も暑い!大阪・舎林で漆企画を行います。 真夏でも漆器は大活躍。冷たいビールやお茶、ジュースなど、 冷たさを長持ちさせ、口当たりが優しく、おいしさが増すような・・・。 奥行きある輪島の上塗り仕上げ、傷が付きにくい「makiji」、 金属調の不思議な表情をもつ「千すじ」の器(写真)など、 暮らし
で使う漆モノをご覧下さい。


■桐本泰一在廊日 8月5日(金)〜7日(日)
□輪島キリモトの漆の器で、冷えた加賀棒茶を味わってください!

輪島キリモト・金沢店 ワークショップ その2「MY スプーンをつくろう」

●日時  平成23年8月6日(土)
     ①昼下がりの部 13:00〜  ②夕暮れの部 16:00〜
●場所  輪島キリモト・金沢店
     〒920-0994 石川県金沢市茨木町56-3 鞍月舍C-1
     通常営業時間:11:00〜18:00 (水曜定休日)
     TEL&FAX:076-254-0058


○各回10名 ※上記MAILまたはTELにてご予約ください。
○参加費 2,625円 + 実費1,575円〜(税込)
★参加費には拭漆作業時の手袋、雨合羽、漆などの材料費が含まれます。
スプーン代は実費としてご負担いただきます。
作業後はうるしの器で輪島のお菓子やお茶をお出しいたします。

○内容
お好みの形・サイズのスプーンを選んでいただき、木地仕上げと拭漆体験を行ってい
ただきます。工房の職人が木や漆のこと、道具のことなどもお話しいたします。職人
技もご覧いただけます。



のページへ

前のページへ


いつものうるし通信
バックナンバー

▶ 2016年

▶ 2015年

▶ 2014年

▶ 2013年

▶ 2012年

▶ 2011年

▶ 2010年

▶ 2009年

▶ 2008年

▶ 2007年

▶ 2006年