いつものうるし通信 第120号
2012.10.01


熱(暑)かった夏も過ぎ、ようやくすぎ去りましたが、いきなり大型台風に見舞われましたね。みなさん大丈夫だったでしょうか。私は、10月1日午後から、郵船クルーズさんと輪島市からの要請で、輪島港に初寄港する飛鳥Ⅱ船内で、輪島塗の可能性について講演をしたところです。
人生ベテランのお客様が多かったのですが、輪島に行った頃がある方約80%!!
漆器にも興味がある方が多く、講演終了後、いろいろな質問攻めにあいました。

まだまだ知られていない素材の「漆」。
知られていないからこそ、知らせ行ける余地が充分にあります。
先人達が一生懸命、不便な地から全国へ広めていった輪島の漆器。
他の産地とは違う木地作りと種類の多様さ、下地材「地の粉」の優位性、上塗りの厚さ、蒔絵・沈金・呂色(鏡面仕上げ)の技術の高さ、、、。さらには、「実用的」であることをもっともっと知らせて行きべきですね。いつもいつも苦境というのもいやなのですが、まだまだ先の光は大きくなってきていません。
業界全体で一致団結、行政とも連携して輪島の宝、能登の宝である輪島塗を「もう一度」知っていただける行動を続けて行きたいですね。

10月に入り、企画展もいろいろと開催していきます。
ぜひ、暮らしで使える漆器をご覧いただければと思います。
よろしくお願いいたします。

輪島キリモト・桐本木工所 桐本泰一


伊勢丹新宿店 グローバルダイニング 「広げて 重ねて 愉しむ漆箱」

●会期  平成24年10月3日(水)~9日(火) 10:00~20:00
●場所  伊勢丹新宿店本館5階 グローバルダイニング
漆と輪島地の粉を掛け合わせ誕生した「千すじ漆箱」は、さまざまな組み合わせを愉しむことができる器です。実用的で食べ物を映えさせる、美しい漆器の魅力をお伝えします。


■桐本泰一在店日:10月4日(木)15:00~8日(月・祝)
 上記以外の時間は輪島キリモトスタッフが在店いたします。
■6日(土)14:00~ 金沢出身の料理家・大黒谷寿恵が重ね箱の使い方を実演いたします。


うつわ&カフェ かくしち 「いつものうるし展」

●会期  平成24年10月3日(水)~14日(日) 11:00~18:00 ※8日(月・祝)定休日
●場所  うつわ&カフェ かくしち
     〒203-0054 東京都東久留米市中央町2-1-34
     TEL:042-476-8050
2年ぶり3回目となる今回の展示では、毎日の暮らしの中で使いやすい器を中心に、酒器や重ね箱、インテリア小物をご紹介いたします。新作のお弁当箱や重ね箱も加わりました。


■輪島キリモトスタッフ在店日:10月3日(水)午後〜と期間中の(土)(日)に在店予定です。
■期間中、カフェでは「安納芋のタルト」を販売いたします。
 ランチ・ケーキsetもご用意しています。



のページへ

前のページへ


いつものうるし通信
バックナンバー

▶ 2016年

▶ 2015年

▶ 2014年

▶ 2013年

▶ 2012年

▶ 2011年

▶ 2010年

▶ 2009年

▶ 2008年

▶ 2007年

▶ 2006年