HOME > 漆の仕上げ見本 > 本堅地仕上げ・溜

本堅地仕上げ・溜
伝統的な輪島塗の技法である本堅地仕上げ。
漆による布着せを行い、輪島市内の小峰山から算出される珪藻土を焼成粉末した輪島地の粉を
用いた下地を施し、研ぎ、中塗、上塗を経て作られます。
漆ならではの上品な艶は見る物を引き込み、しっとりとした手触りが心地よいのが特徴です。
本朱の上に、赤みがかった透明度の高い漆を塗り重ねる溜色。
時が経つことで漆の透明度があがり奥行きのある表情を見せてくれます。

素 材:天然漆、漆用シナ工芸板、麻布、輪島地の粉
用 途:テーブルトップ、壁面
対応サイズ:t6〜60mm×W〜909mm×L〜1818mm
(上記サイズ以上につきましては、連結/接合方法などご相談を承ります。)


H邸・ネストテーブル
W450×D330×H370mm
フレーム/本堅地仕上げ・溜
▶ H邸・ネストテーブルのページへ



T邸・仏壇
W600×D600×H1125mm
本堅地仕上げ・溜(呂色)
▶ T邸・仏壇のページへ



漆の仕上げについての
お問合せはこちら

Mail:urushinoma@kirimoto.net
Tel :03-3631-0281
輪島キリモト・うるしの事務室
※不在の場合がございます。
 お問合せフォームもご利用ください。
▶うるしの事務室について

▶ 漆布みせ仕上げ

▶ 漆布みせ仕上げ・市松編込み

▶ 蒔地仕上げ

▶ 桐・本地仕上げ

▶ タモ拭漆仕上げ

▶ 漆和紙張り仕上げ

▶ 漆葛布張り仕上げ

▶ 本堅地仕上げ



輪島キリモト・桐本木工所のfacebookページです。
ぜひご覧ください。