HOME > 漆の仕上げ見本 > 漆布みせ仕上げ・市松編込み・白

漆布みせ仕上げ・市松編込み・白 NA-03
麻布を張り、漆、輪島地の粉、砥の粉などを塗り込む事でテーブルトップとしての
使用も可能にした漆布みせ仕上げ。
荒目の麻布を格子状に編みながら漆張りして、さらに色漆などを塗り込む仕上げです。
漆自体が褐色をしているため、実際はアイボリー系の色味となっています。
塗り重ねながら研ぎだし、布目を出していきます。

素 材:天然漆、漆用シナ工芸板、麻布(荒目)、輪島地の粉、砥の粉
用 途:テーブルトップ、壁面
対応サイズ:t6〜60mm×W〜909mm×L〜1818mm
(上記サイズ以上につきましては、連結/接合方法などご相談を承ります。)

▼ 動画がご覧いただけます。



香棚
W440×D340×H500mm
側板・背板=NA-03 漆布みせ仕上げ・市松編込み・白
棚板=F-01 タモ拭漆仕上げ・黒
脚 =本堅地仕上げ・黒
▶ 香棚のページへ




漆の仕上げについての
お問合せはこちら

Mail:urushinoma@kirimoto.net
Tel :03-3631-0281
輪島キリモト・うるしの事務室
※不在の場合がございます。
 お問合せフォームもご利用ください。
▶うるしの事務室について

▶ 漆布みせ仕上げ

▶ 漆布みせ仕上げ・市松編込み

▶ 蒔地仕上げ

▶ 桐・本地仕上げ

▶ タモ拭漆仕上げ

▶ 漆和紙張り仕上げ

▶ 漆葛布張り仕上げ

▶ 本堅地仕上げ



輪島キリモト・桐本木工所のfacebookページです。
ぜひご覧ください。