名刺入れのイラストその1・木材〜木地編

輪島で育った「職人」と「ヒノキアスナロ」から生まれる名刺入れ。

輪島の倉庫倉庫内の木材


何十年も落ち着かせた木材を保管している倉庫は、まさに宝の山!
この中から、名刺入れにふさわしい輪島の地元材である「ヒノキアスナロ」を選び、
製材するところから始まります。

名刺入れ木地の機械作業
10個の細かいパーツを組み合せてつくる名刺入れの木地。
ベテランの職人が、スピーディーかつ正確に作業をしていきます。

名刺入れの木地パーツ名刺入れ木地を整える

それぞれのパーツが完成したら、「本体」と「蓋」それぞれ組んで接着をします。
面取りなどの細かい部分は、鉋(かんな)や鑿(のみ)を使って手作業で、、、。

名刺入れ木地完成
木地の状態でも美しい名刺入れ。木地が出来たら、次は漆塗り担当の職人の出番です。

名刺入れのイラストその2・下地〜完成編

「布着せ」と「輪島地の粉」と「漆」でタフに仕上げます。

名刺入れの木地固め名刺入れの布着せ
全体にたっぷりと生漆(きうるし)を染み込ませる「木地固め(きじがため)」を行います。
その後「本体」と「蓋」の側面、「本体」の立ち上がり部分に漆で布を張り、補強をします。

名刺入れの下地塗り名刺入れ下地完了
珪藻土を焼成粉末にした「輪島地の粉」と漆を混ぜて下地塗りをします。
「本体」の立ち上がり部分に和紙を張ることで、適度な摩擦が生じ「蓋」が抜けにくくなるのです。

名刺入れ仕上げ
「輪島地の粉」と漆を掛け合わせる「蒔地技法(まきじぎほう)を施し、漆を塗り重ねて完成。
この「蒔地技法」を行うことで、表面硬度が高くなり、傷のつきにくい名刺入れとなるのです。
実用性とデザイン性を兼ね備えた名刺入れは、良き相棒となってくれること間違いなし!
使い込むことで色艶が増し、自分だけの名刺入れへと変化する、愛おしいアイテムです。

完成した名刺入れ

名刺入れのオンラインショップページはこちら






モノ物語・名刺入れ
モノ物語・名刺入れ
モノ物語・名刺入れ
モノ物語・名刺入れ









輪島キリモト・桐本木工所のfacebookページです。
ぜひご覧ください。