HOME > 日本橋三越店・過去のイベント


2016年


11/2~寿ぎの食卓
寿ぎの食卓
2016年11月2日(水)〜 10:30-19:30
本館5階・常設スペース


気持ち新たに迎えるお正月。
いつもとは少し違った華やかん食卓を演出してくれる、寿ぎの器をご紹介いたします。
▲「雲鶴模様煮物椀/汁椀」
雲の切れ間から飛び立つ一羽の鶴が福を呼ぶ「雲鶴模様椀」。黒無地の本体に、ケヤキの木目を活かした特殊な銀彩蒔絵の蓋を組み合わせています。伝統的な模様である雲と鶴を、モダンなバランスで描いたお椀は、蒔絵師の技術が詰まったハレの日にふさわしい器です。


楕円プレート◀︎「楕円プレート」
おおらかな曲線を描いた楕円形のプレート。少しだけ立ち上がった縁は、運び盆としても持ち易く、お皿として直接食べ物を乗せた時にも邪魔しない形状となっています。裏側は布みせ仕上げのため、傷がつきにくく使い勝手が良いのも特徴です。

楕円皿◀︎「楕円皿」
長年落ち着かせてきた良質で厚みのある朴の木を使った「楕円皿」。丁寧に削り出した木地に布着せと下地を行い、たっぷりと漆を塗って仕上げています。やや黄色味がかった「白」色は、使い込むことで少しずつ明るくなり、白さが増していきます。

10/1~温もりの器
温もりの器 「千すじとり椀」と「端反椀」
2016年10月1日(木)〜 10:30-19:30
本館5階・常設スペース


少しずつ寒さが増していくこれからの季節。
食べ物の熱を優しく伝えてくれる漆器なら、身体をほっこりと温めてくれます。
適度な大きさと深さの「千すじとり椀」は、鍋のとり皿として使いやすいサイズです。
また、具沢山の汁物もたっぷり入る「端反椀・大」は、この秋のオススメです。


9/1~彩りの器
彩りの器 「布みせプレート」と「千すじ皿」
2016年9月1日(木)〜 10:30-19:30
本館5階・常設スペース


表情のある麻布を漆で張り、モノトーンで仕上げた「布みせプレート」。
特殊な刷毛を使い、職人の手によって出来る幾つものすじ模様が特徴の「千すじ皿」。
傷つきにくい表面は金属のカトラリーを使うこともでき、落ち着いた色味は、
上に乗せる器や食べ物を引き立てます。絵を描くように、食卓を描いてみませんか。


「アイスクリームカップ」と「レンゲ」
2016年8月1日(月)〜 10:30-19:30
本館5階・常設スペース


これまでも輪島キリモトの木と漆モノのデザインに携わってきた小泉誠氏と大治将典氏。
それぞれのデザインの元、輪島キリモトならではの技術を活かした「アイスクリームカップ」と
「レンゲ」が誕生しました。毎日の暮らしを心地良く、豊かにしてくれるアイテムとなっています。
ぜひご覧ください。


男の道具
- 漆の小物から家具まで -
2016年6月15日(水)〜21日(火) 10:30-19:30
本館5階・和食器イベントスペース


輪島キリモトの代表作の一つである「漆の名刺入れ」の新色となる「青」「緑」をはじめ、そろばんの珠をモチーフにシャープで安定感のある形が特徴の「珠型片口」を日本橋三越で初お披露目いたします。他にも酒器やデスク周りの男性向けアイテムや、漆ならではのしっとりと気持ちのよい質感をもった家具もご覧いただけます。この機会に是非お立ち寄り下さい。

■桐本泰一在店日:6月日19(日)〜21日(火)
■トークショー:6月19日(日)14:00〜「オーダーできる木と漆の話」


新登場!! アテハコ・桜文様
2016年4月1日(金)〜10:30-19:30
本館5階・常設スペース


本体には白木のヒノキアスナロを、蓋には黒拭 漆を施したホオを用いたアテハコシリーズ。 ヒノキアスナロの清々しい芳香が心地良く、白 木と拭漆のコントラストが美しい箱です。 その中でも人気の箸箱に、春らしい桜の漆絵が 仲間入りしました。輪島の絵師によって丁寧に 描かれた漆絵は、柔らかくふっくらとした線が 特徴です。定番の麻の葉・青海波・雲文様とと もに展開しております。毎日のお弁当やお花見 のお供にいかがでしょうか。



輪島キリモト・感謝袋のご案内
初売り!2016年1月2日(土) 10:00〜

日頃のご愛顧に感謝して、初売り限定の「感謝袋」を販売いたします。
1. 千すじ小椀+あすなろのトレー ×10セット・・・10,000円(17,500円相当) 
2. 本乾漆箸ペア+箸置きセット  ×5セット・・・5,000円(9,000円相当)
※千すじ小椀は「ねず」または「ベンガラ」となります。
※お電話でも承ります。(日本橋三越・デイリー和食器:03-3274-8527)


お正月の主役
2015年11月25日(木)〜
本館5階・常設スペース 10:00-19:00
※12月4,5,11,12,18~24日は20:00閉店
 12月31日は18:00閉店


早いもので、今年も残すところあとわずかとなってまいりました。
お正月はもちろん、毎日の暮らしの中でも使える輪島キリモトならではの「重ね箱」を
ご紹介いたします。存在感のある輪島塗の重ね箱をはじめ、傷のつきにくい「千すじ漆箱」、
ヒノキアスナロの香りと木肌が清々しい「あすなろのJU-BAKO」など、
お気に入りの重ね箱を見つけてみませんか。


2015年


秋を感じるお椀
2015年10月1日(木)〜 10:00-19:00
本館5階・常設スペース


日増しに秋も深まり、澄んだ空気と晴れ渡った空が心地良い季節となりました。
朝夕は肌寒く感じる今日この頃、日々の暮らしを暖かく過ごしていただけるお椀や
秋の行事を楽しむ商品をご紹介いたします。
また、10月18日・孫の日にちなんで、お名入れサービスを行います。
■孫の日期間限定・お名入れサービス
期 間:10月1日(木)〜18日(日)
お子様向けの商品をお買い上げの方に、漆文字でのお名入れ(5文字まで)を
無料にてお入れいたします!
※金文字の場合は、税込1,080円にて承ります。お渡しは約10日後となります。


葛飾北斎×輪島 〜冨嶽三十六景盃〜
2015年8月12日(水)〜17日(月) 10:30-19:30
※18日、25日(火)は店舗休業日です
本館5階・デイリー和食器イベントスペース


幕末から、金沢蒔絵との交流によって高い技術を培ってきた輪島の蒔絵師。
近年、その仕事を発揮する機会が減っていく中で、桐本泰一と幼なじみである蒔絵師・中島和彦の
蒔絵の技術を最大限活かした商品を作りたいという想いから誕生した盃です。
出しにくい色味である「青」や「ねず」の漆色、更に「ぼかし技法」を駆使し、葛飾北斎の
「冨嶽三十六景」を盃に表現しました。片口やぐい呑みなど様々な酒器をと共にご紹介いたします。


※8月1日(土)〜31(月)の1ヶ月間は営業時間が10:30〜19:30となります。
 また、8月18日、25日(火)は店舗休業日となります。ご注意ください。


輪島のミナモト
〜使うコト・飲むコト・食べるコト〜
2015年5月27日(水)〜6月2日(火) 10:00-19:00
本館5階・リビングステージ


「能登・輪島」の「器」と「食」をキーワードに、その魅力を紹介いたします。
輪島キリモト・桐本泰一が自信を持ってお勧めする、地元のこだわりの食材とお酒を集めました。
輪島キリモトの漆の器を使用した日本酒の試飲、おつまみの試食、地元材である「ひのきあすなろ」
の清々しい芳香も楽しめ、五感で感じていただける体験型の企画となっております。
桐本泰一在店日:5月27日(水)11:00-18:00、30日(土)13:00-18:00、
        31日(日)〜6月2日(火)11:00-18:00


【 出展者のご案内 】
■ 柚餅子総本家 中浦屋(柚子菓子)
丸柚餅子を昔ながらの製法で創業以来100年余り作り続けています。
柚子を使った和菓子にこだわり、全国各地のお客様にご愛顧いただいています。
在店日:5月27日(水)11:00-18:00


■ 谷川醸造(醤油・味噌)
昔ながらの製法にこだわった、醤油・味噌を製造販売しています。手作りの良さを活かした
安全で美味しい「谷川醸造」の商品を知っていただけるように日々活動しております。
在店日:5月29日(金)15:00-19:00、30日(土)終日


■ 白藤酒造店(日本酒)
1722年廻船問屋として創業、質屋を経て、江戸時代の末期から酒造りを始めました。
「人と人とを繋ぐ酒を創りたい」をモットーに酒造りに励んでおります。
在店日:5月27日(水)終日、28日(木)16:00-19:00、30日(土)14:00-19:00、6月1日(月)終日


■ 日吉酒造店(日本酒)
大正元年創業。地下から湧き出る日本海に最も近い井戸水で仕込んだ輪島の酒を造っています。
辛口で軽さがあり、飲んだ後口にかすかな甘さが感じられ、飲み飽きしないのが特徴です。
在店日:6月1日(月)〜2日(火)終日


■ 蔵口屋(塩・米)
能登のこだわりのお米、塩の旨味を凝縮させた輪島の塩などを販売しています。
ミネラル豊富な「水塩」、奥能登でもとても貴重な珠洲市吉ケ池で採れたお米をご紹介します。


■ 能州堂(海老せんべい)
世界農業遺産「能登の里山里海」の厳選素材を活かした海老せんべいです。
季節に合わせた海老を、1枚につきまるごと2匹以上使用しています。酒は地酒の千枚田、
塩は揚げ浜式製塩の輪島塩を使用し、保存料、着色料、化学調味料を一切添加していません。



JAPAN SENSES&大誕生祭
輪島キリモト・ワークショップのご案内
「MYスプーンつくり」

第1回 2015年4月5日(日) 11:00〜12:30
第2回 2015年4月5日(日) 15:00〜16:30
場 所:日本橋三越本店 本館5階・デイリー和食器
定 員:各回8名
参加費:税込 2,700円〜8,100円 ※スプーンのサイズによって費用は異なります。
講 師:久保田啓介(輪島キリモト・桐本木工所)
※参加をご希望の方は、お気軽にお問合せください。
(03-3274-8527 デイリー和食器・輪島キリモトまで)


お好みのスプーン木地を選んでいただき、豆カンナや紙ヤスリで仕上げるワークショップです。
仕上げていただいた木地は、その場で輪島の職人がご希望の色(黒/ベンガラ/生漆)で1回
拭漆をします。その後、輪島の工房にて4回拭漆を施し完成させてお渡しいたします。
※お渡しは約1ヶ月後となります。



新生活の木とうるし
2015年2月11日(水)〜16日(月)

新生活をスタートするにあたってまず揃えたい椀・盆・箸などの定番アイテムに加え、
春の贈り物にぴったりな木とうるしの文具や小物、さらに小型家具までご紹介いたします。
「あすなろのBENTO-BAKOシリーズ」には「皿型」も仲間入りしました。
スタッキングもできて、お料理の盛皿・おもてなし皿など、用途の幅が広がります。



輪島キリモト・感謝袋のご案内
初売り!2015年1月2日(金)10:00〜

日頃のご愛顧に感謝して、初売り限定の「感謝袋」を販売いたします。
1. 千すじ汁椀・小・ねず+蒔地四方箸・黒235mm     ×10セット
2. 千すじ汁椀・小・ベンガラ+蒔地四方箸・赤口朱220mm ×10セット
3. 蒔地名刺入れ・黒×3点、ベンガラ×3点、白×3点、赤口朱×1点
いずれも本体価格15,000円のところ、10,000円にて販売いたします。


2014年


輪島キリモト
日本橋三越店10周年 ありがとうございます!
2014年10月22日(水)〜28日(火) 10:00〜19:00
本館5階 特選和食器

木と漆の創作工房「輪島キリモト」が日本橋三越本店に出店させていただき丸10年を迎えます!
多くのお客さまにご贔屓にしていただき、ここまでたどり着くことが出来ました。
ほんとうにありがとうございます。まだまだ知られていない素材「木と漆」。1人でも多くの
お客さまにご理解いただきたく、いろいろと前向きに取り組んでいきたいと思います。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。


■この度は、みなさまに感謝の気持ちをお伝えする企画にしたいと思います。
 漆のカップで温かい柚子ドリンクをお楽しみいただける他、「スプーン木地を仕上げる体験」の
 ワークショップなども行います。また、新米の季節にぴったりな「千すじどんぶり椀」
 「千すじめし椀」もご披露いたします。
■桐本泰一在店日:10月22日(水)〜26日(日)


輪島キリモト
日本橋三越店10周年 ありがとうございます!
ワークショップのご案内
「スプーン木地を仕上げる体験」


第1回 2014年10月25日(土) 16:00〜17:30 >>満員御礼
第2回 2014年10月26日(日) 11:00〜12:30 >>満員御礼
第3回 2014年10月26日(日) 16:00〜17:30 >>満員御礼
場 所:日本橋三越本店 本館5階・デイリーダイニング
定 員:各回8名
参加費:税込 3,780円
※新作千すじどんぶり椀をご購入の方は、無料で体験いただけます。
講 師:第1回・2回 桐本木工所・久保田啓介 / 第3回 桐本泰一
※参加をご希望の方は、お気軽にお問合せください。
(03-3274-8527 デイリーダイニング・輪島キリモトまで)


千すじどんぶり椀に適したサイズのスプーン木地を、豆カンナや紙ヤスリで仕上げる体験です。
仕上げていただいた木地は、会場で輪島の職人がご希望の色(黒/ベンガラ/生漆)で1回
拭漆をします。その後、輪島の工房にて4回拭漆を施し完成させてお渡しいたします。
※お渡しは約1ヶ月後となります。

▲新作の千すじどんぶり椀です。



月待ち講「月見の酒宴」
2014年9月10日(水)〜23日(火・祝)
本館5階 スペース#5


月を連想させる「URUSHI-BON」、お団子を乗せる「山道もち台」、秋の夜長を愉しむ酒器を
中心にご紹介いたします。富山県高岡・能作の錫製品や、東京都・品々の景色盆栽の商品などと
コーディネートした月見の酒宴をご覧下さい。



世界農業遺産特集・ワークショップ
「スプーン木地を仕上げる体体験」
2014年7月19日(土) 16:00〜18:00
本館7階 Hajimarino cafe(はじまりのカフェ)
■参加費:3,500円(税込)
■お申込:03-3274-8843(10:00〜19:00)


朴を使ったスプーンの木地を紙ヤスリで磨いて拭き漆できるところまで仕上げる体験です。
会場では、輪島キリモトの職人によって、ご希望の色(黒、ベンガラ、生漆)を1回拭き漆し、
残り4回は輪島工房にて仕上げます。完成後お渡しいたします。
基本の作業は、紙ヤスリでの仕上げなのですが、ちょっと難しい、豆カンナを使っての
スプーン仕上げに挑戦したい方がいらっしゃいましたらご指導いたします。


---------------------------------------------------------------------------------------
伝統を未来につなぐ「世界農業遺産特集」企画
会期:7月16日(水)〜22日(火) 10:00〜19:00
会場:日本橋三越本店 本館地下1階 フードコレクション
出店:添付のチラシをご覧下さい。



うるしと暮らす
2014年6月4日(水)〜10(火)
本館5階リビングステージ


輪島漆器産地にて約200年以上、七代にわたって木や漆の仕事に携わってきた輪島キリモト。
普段使いの漆の器、小物、家具、建築内装材などの創作を得意としています。
この度は、桐本家に伝わる古い漆器、道具、治具をはじめ、桐本の技術を集結した刳りもの
木地などと一緒にセミオーダー可能な漆のテーブルや座卓、小型家具、さらにはいつも使う
ことで気持ち良さを感じていただける器、小物などを一堂にご披露いたします。
■桐本泰一在店日:6月6日(金)13:00〜19:00、7日(土)〜10日(火)11:00〜19:00
■トークショー:6月7日(土)、8日(日) 両日とも14:00〜



ショップ移動のご案内
5月21日(水)より特選和食器コーナーに移動いたしました。



母の日のうるし
2014年4月23日(火)〜


ありがとうの気持ちを込めて、母の日に漆の贈り物はいかがでしょうか。
漆の色艶が美しい手鏡やこれからの季節に活躍してくれるアクセサリーなど
お勧めのアイテムをご用意しました。


三越伊勢丹・大誕生祭企画
輪島キリモト・新しい挑戦
2014年4月1日(火)〜15日(火)
本館5階和食器レジカウンター前・イベントスペース


伝統的な輪島の漆塗り技術を応用した、輪島キリモト独自の「千すじシリーズ」。
ご要望の多かった「板皿」「丸盆」「パスタ皿」の新作も交えてご紹介いたします。
毎日の暮らしの中での使用事例パネルとともに並びます。


また、今年で設置後100年を迎える三越のライオン像。100歳の誕生日を祝う企画として様々なアイテムが登場します。輪島キリモトでは、ライオンの漆絵を描いたアイテムをご用意しました。
■名刺入れ・ライオン漆絵 価格17,000円+税
■上塗り四方箸・ライオン漆絵 価格5,000円+税



春のお花見フェア
2014年3月19日(水)〜31日(月)


日本橋の桜のつぼみも膨らみ始め、春の訪れを感じられるようになりました。
お花見をより楽しむためのアイテムとして、桐の正座椅子/低座椅子は
いかがでしょうか。軽くて柔らかい桐を使用した正座椅子は、持ち運びも
し易く、長時間座っていてもお尻が痛くなりにくいのが特徴です。


日本橋花見スタイル
2014年3月5日(水)〜18日(火)


日本橋三越店で開催中の「日本橋花見スタイル」に合わせて、
輪島キリモトでは、様々な形、仕上げのお弁当箱を展開しています。
ゆっくりと近づく春に向けて、新たにお弁当箱を揃えてみませんか?



はなばな祭り
2014年2月26日(水)〜3月11日(火)

日本橋三越店「はなばな祭り」が開催されます。
輪島キリモトでは、花モチーフの漆絵をあしらったアテハコが登場します。
一足先に春を感じてはいかがでしょうか。


ISETAN MITSUKOSHI JAPAN SENSES
NIPPONISTA FASHION ART DESIGN FOOD
6th (THU) - 13th (THU) FEB , 2014 12:00 - 20:00
47 GREENE STREET NEW YORK CITY NY 10013


世界中のファッション業界人が集まるニューヨーファッションウィークの期間中に、 世界へ向けてご紹介したい日本のファッション、アート、食、リビング、技術を発信する ポップアップストアを開店。日本が誇る、すばらしいコンテンツをご覧いただきます。(NIPPONIA HPより)
▶ NIPPONISTAのHPへ


輪島キリモトの感謝袋
初売り!2014年1月2日(木)10:00〜


日頃のご愛顧に感謝して、初売り限定の「感謝袋」を販売いたします。
お買い得のアイテムが登場いたします!数量に限りがありますのでお早めにどうぞ!


2013年



輪島キリモトのお正月
本館5階 常設コーナー 10:00〜19:00
※12月6日(金)、7日(土)、13日(金)、14日(土)、
 18日(水)〜24日(火)は20:00閉店


迎春に向けた漆器として、片口や重箱、椀を始め、来年の干支である「馬」の漆絵を施した上塗箸、
おめでたい文様の盃などをご紹介いたします。
■桐本泰一在店日:12月20日(金)15:00〜19:00、21日(土)〜23日(月・祝)11:00〜19:00



日本橋三越340周年企画
輪島キリモト・桐本木工所の150年
本館5階 和食器レジ前 イベントスペース
2013年10月30日(水)〜11月5日(火)


輪島キリモト・桐本木工所の江戸時代から続く歴史・技術を貴重な道具や木地を
交えて展示いたします。伝統の技法を活かしつつ、現代の生活に沿うように
アレンジした漆器の数々をお愉しみください。
■桐本泰一在店日:11月4日(月・祝)
 14:00〜トークショー「輪島のモノづくり これからのモノづくり」を行います。

低座をする暮らし展
輪島キリモト×FUTAGAMI×縞縞
本館5階 J・スピリッツイベントスペース
2013年10月16日(水)〜22日(火)


和室だけでなく、フローリングにも合う、新しい低座のスタイルをご紹介いたします。
今の暮らしに馴染みながらも、ホッと落ち着く座の空間の提案です。
・石川県輪島 /輪島キリモト(木・漆)
・富山県高岡 /FUTAGAMI(真鍮)
・福岡県北九州/縞縞(小倉織)
■桐本泰一在店日:10月18日〜20日
■二上利博在店日:10月19日、20日
▶ 展示の様子はノートをご覧ください



うるしの家具のある暮らし
2013年9月11日(水)〜24日(火)


すっきりとした脚が特徴の新作のテーブルは、伝統文化や環境問題に関わる
デザインワークスを行う古庄デザイン事務所・古庄良匡氏によるデザインです。
数種類の仕上げがある天板と脚を自由に組み合わせ、お好みのテーブルを創ることができます。
■桐本泰一在店日:9月12日、13日、21日は終日、14日は午前中のみ、20日は15:00〜19:00。
■トークショー :9月21日(土)14:00〜
 実用的な漆仕上げ、家具への応用について紙芝居形式でお話しいたします。


特集:月待ち講
2013年9月4日(水)〜24日(火)
季節を感じる古き良き風習を現代に取り入れ、お月見を愉しんでみませんか?輪島の地元材であるヒノキアスナロを活かした楕円桶に、落しを入れれば「花器」としても使うことができます。



本館5階リビングステージ 新作家具展示中!
2013年8月21日(水)〜9月10日(火)
この度誕生した新作のダイニングテーブル、定番のネストテーブル、長方棚が展開されています。
チベタンラグやカッシーナのCABチェアにロイヤルコペンハーゲンの器など、、、
オリエンタルな組み合わせとなっています。



夏のカップ特集
2013年7月24日(水)〜

暑い夏でも使える"うるし"。
熱伝導の低い漆のカップなら、飲み物の冷たさを保ってくれます。
輪島キリモトが創る、様々な仕上げのカップをご紹介いたします。



「白木の箱の道具」展
輪島キリモト漆器木材の活かし方
2013年7月10日(水)〜16日(火)

倉庫で長年蓄財してきた漆器木材を活かした新たな生活道具を創作し始めました。
あすなろ、朴などは落ち着いた優しい色合い、気持ち良い芳香の他、耐水性にも富み、
加工性に優れる日本の木の良さが満載なのです。
この度、デザイナー・大治将典氏によって産みだされた新しい木のかたちを中心に、
輪島キリモトの木の仕事をご覧下さい。
■イベント:7月14日(日)14:00〜
 桐本泰一による「あすなろBENTO-BAKO」の特徴と盛り付け実例のご紹介。
 参加されたお客様に「あすなろの白木箸」をプレゼント!



夏至の朝茶初め/ギフトアイテム
2013年6月12日(水)〜
「夏至の朝茶初め」をテーマに、お茶に関わるアイテムを展開しています。
漆と磁器の組み合わせが新鮮なHATシリーズ。
山田佳一朗氏がデザインを手掛け、セラミックジャパンと輪島キリモトがコラボし
誕生しました。暑い夏の朝を一杯のお茶から始めてみませんか。




輪島キリモト場所移動しました!!
2013年2月27日(水)より、ショップの場所が移動いたしました。
これまでと同じ本館5階ではありますが、特選和食器サロンの通路を挟んだ向かい側になります。
お立ち寄りいただく際は、ご注意くださいませ。
ご不明な場合は、お近くのスタッフにお尋ねください。
■桐本泰一在店日:3月8日(金)14:30-18:00、9日(土) 11:00-18:00


輪島キリモト × 蒔絵の世界Ⅱ
2013年2月20日(水)〜26日(火)
先月に続き「輪島キリモト×蒔絵の世界Ⅱ」をご紹介いたします。
蒔絵師・中島和彦氏が手掛けた印籠、懐中、香筒、アクセサリーが並びます。
布を張り重ねた乾漆の素地に蒔絵を施した印籠は、中島氏の技術が凝縮された逸品となっています。
また、その重さわずか1gというカラフルなピアスは、着けていることを忘れてしまう軽さ。
これからの季節にぴったりなアイテムです。
■桐本泰一在店日:1月21日(木)〜24日(日) 11:00-18:00頃
・懐中/小物入れ 1点 税込 504,000円
・1gピアス 1点 税込 12,600円



輪島キリモト × 蒔絵の世界
2013年1月23日(水)〜29日(火)
輪島キリモト3代目・桐本泰一の幼なじみでもある、蒔絵師・中島和彦氏が手掛けた盃をご紹介いたします。輪島の伝統技術をつぎ込み、出しにくい色味である「青」や「ねず」の漆色を実現。
更に「ぼかし技法」を駆使し、葛飾北斎の「富嶽三十六景」を盃に表現しました。
■桐本泰一在店日:1月26日(土)、27日(日) 11:00-18:00頃
・うるしの盃・富嶽三十六景 1客 税込 105,000円 / 直径11.5×3.5cm



名刺入れ・和紙張り/千すじ大椀・蓋付きデビュー!!
輪島キリモトの定番・名刺入れに和紙張りバージョンが誕生!
話題の千すじシリーズに、蓋付きの大椀も誕生!!
お近くにお越しの際は、ぜひお立寄りください。
・名刺入れ・和紙張り 1点 税込 13,650円
・千すじ大椀・蓋付き 1客 税込 28,350円


2012年



お椀ペアご購入の方へお名入サービス!!
2012年11月7日(水)〜13日(火)
期間中、お椀をペアでご購入の方にお名入れをサービスいたします。
普段使いの噐として、、大切な方への贈り物として、、、この機会にぜひご利用ください。



大三越祭「朴の酒器セット」+「あすなろ白木箸」
2012年10月31日(水)〜11月13日(火)
大三越祭の開催に伴い、ちょっとお得なアイテムが登場します!
酒井俊彦デザインの「朴の酒器ペア」に、輪島の地元材を使った「あすなろ白木箸」の
限定セットです!
税込価格 10,500円 限定20セット
※数に限りがありますのでお早めに!!


木と漆のある暮し
2012年8月15日(水)〜20日(月)
輪島の漆技法、素材を活かした器や小物、これまでなかなかお披露目できなかった、座卓、テーブル、スツール・椅子、書庫、飾棚、建具にも応用できる漆のパネル、拭き漆のフローリングなどをぜひこの機会にご覧ください。
会期中は漆のカップで冷たい加賀棒茶をお楽しみいただけます。
(J・スピリッツ常設コーナーもインテリアステージにお引っ越ししています!)
■会期中は桐本泰一と輪島キリモトスタッフが在店いたします。
■漆のトークショー:8月18日(土)・19日(日) 14:00~


母の日のうるし
2012年4月25日(水)〜5月13日(日)
もうすぐ母の日ですね。輪島キリモト・日本橋三越店では、母の日のプレゼントとしても
お勧めなアイテムをご紹介しております。
・カジュアルに着けられる漆のネックレス
・ここぞ!という日に着けたい高級感のあるネックレスや帯留め
・持っているだけでテンションがあがる紅筆
・職人の技がギュッとつまった携帯用硯箱
また、毎日の食事を心地よくしてくれる器などもございます。
日頃の感謝の気持ちを込めて、漆の贈りものはいかがでしょうか?
■桐本泰一在店日:5月11日(金)15:00〜、12日(土)〜13日(日)
 家具や特注品のオーダーなど、お気軽にご相談ください。



洋食にも使えるうるし
2012年4月11日(水)〜17日(火)
うるしのある新生活の提案として、“洋食にも使えるうるし”をお勧め致します。
イタリアと輪島をミックスした、楽しい展示となっていますので、お気軽に
お立ち寄りくださいませ。ご来店を心よりお待ちしております。
■桐本泰一在店日:4月12日(木)15:00、13日(金)〜15日(日)11:00〜18:00



〒103-8001
東京都中央区日本橋室町1-4-1
日本橋三越本店 本館5階
デイリーダイニング
Tel:03-3274-8527(直通)
Fax:03-3274-8204
営業時間:10:30 - 19:30
※営業時間はフロアによって異なります。
 詳しくは【 日本橋三越本店HP 】 
 ご確認ください。
▶ Google map

輪島キリモト・桐本木工所のfacebookページです。
ぜひご覧ください。