HOME > 漆の家具 > ネストテーブル

漆のネストテーブル

ネストテーブル・低
李朝家具を思わせる凛としたデザインのネストテーブル。
本地仕上げを施した桐の天板に、拭漆を施したヒノキアスナロのフレームで構成される
このシリーズは、傷つきにくく、軽いのが特徴です。
細作りですっきりとした形状は、木地屋の技術が詰まっているからこそ成せるバランスです。
ベッドやソファの脇に置いたり、人が集まった際のサブテーブルにしたり、、、
3台一組となっているネストテーブルは、様々なシチュエーションで活躍してくれます。

サイズ:W550×D415×H366mm
(大 W550×D380×H366mm、中 W500×D380×H341mm、小 W450×D380×H316mm)
仕上げ:天板/桐・本地仕上げ、フレーム/拭漆仕上げ
素 材:天然漆、キリ、ヒノキアスナロ、輪島地の粉
 色 :黒、うるみ、ベンガラ
納 期:受注後、約2ヶ月後のお届けとなります。
   (天候により前後する場合がございます。予めご了承ください。)
価 格:¥178,200(3台一組)

 


漆のネストテーブル
【ネストテーブル・黒】シックでモダンな印象の黒は、空間を引き締めてくれます。乗せるものを引き立てる色となっているので、置物台としてもお勧めです。


漆のネストテーブル
【ネストテーブル・うるみ】落ち着いたうるみ色は、空間や用途を選ばず使うことが出来ます。使い込むほどに艶が増し、表情豊かになってきます。


漆のネストテーブル
【ネストテーブル・ベンガラ】温かみのあるベンガラ色は、その空間を明るくしてくれます。使い込むほどに艶が増し、表情豊かになってきます。


家具のお手入れについて
水で濡らして絞った布で拭いた後、乾いた布にて拭いてください。乾拭きをすると、水分中に含まれるカルキが残らず、より綺麗にお使いいただけます。
油分等汚れが取りにくい場合は、中性洗剤を少し含ませた布で拭き取った後、上記と同様に拭いてください。


経年変化について
完成直後は全体的に暗色が強くなっています。半年〜1年後、漆が落ち着いてくると、漆の透明度が上がり、より奥行きのある表情が出てきます。それに伴い、暗色が弱まり、全体的に明るくなります。
これは、漆の特徴であり「色抜けする」ということではありません。
時間をかけて、使うことでゆっくりと仕上がる漆の表情をお楽しみください。
※ご使用場所により変化は異なります。
※ある程度で色の変化は落ち着きます。