HOME > 漆の家具 > 桐の低座椅子・正座椅子

漆の正座椅子と低座椅子

桐の低座椅子/正座椅子(きりのていざいす/せいざいす)
丸い座面の低座・正座椅子。知る人ぞ知る、輪島キリモトの隠れた人気商品です。
桐を使用しているためとても軽く、座面中央の凹みが体を優しく受け止め、長時間座っていても
疲れにくくなっています。X状に組んで座面に差し込む脚部は、取り外し可能で、持ち運びや
収納にも便利です。また、黒漆による拭漆仕上げは、使い込むことで漆の透明度が増していき、
立体感のある木目を見せてくれます。

サイズ:低座椅子 φ320×H88mm、
    正座椅子・大 φ240×H128mm、正座椅子・小 φ180×H128mm
仕上げ:拭漆仕上げ
素 材:天然漆、キリ
 色 :黒
納 期:受注後、約2週間後のお届けとなります。
   (天候により前後する場合がございます。予めご了承ください。)
価 格:低座椅子   ¥19,440
    正座椅子・大 ¥17,280
    正座椅子・小 ¥15,120

 


漆の正座椅子
桐は、人の体温を吸収し保ってくれるため、座面から温かさを感じることが出来ます。さりげない凹みに創り手の優しさが詰まっています。


漆の低座椅子
【桐の低座椅子】
直径320mmの座面からなる低座椅子は、「あぐら椅子」としてお使いいただけます。また、ちょっとした置物台として使う方もいらっしゃいます。


漆の正座椅子
【桐の正座椅子・中】
直径240mmの座面からなる正座椅子・中は、ご自宅や長時間座る際にお勧めです。しっかりした座面には、安定感があります。


漆の正座椅子
【桐の正座椅子・小】
コンパクトな小サイズは、お尻の下に隠れ目立ちません。お稽古や法事、旅先など様々な場所で活躍してくれます。


家具のお手入れについて
水で濡らして絞った布で拭いた後、乾いた布にて拭いてください。乾拭きをすると、水分中に含まれるカルキが残らず、より綺麗にお使いいただけます。
油分等汚れが取りにくい場合は、中性洗剤を少し含ませた布で拭き取った後、上記と同様に拭いてください。


経年変化について
完成直後は全体的に暗色が強くなっています。半年〜1年後、漆が落ち着いてくると、漆の透明度が上がり、より奥行きのある表情が出てきます。それに伴い、暗色が弱まり、全体的に明るくなります。
これは、漆の特徴であり「色抜けする」ということではありません。
時間をかけて、使うことでゆっくりと仕上がる漆の表情をお楽しみください。
※ご使用場所により変化は異なります。
※ある程度で色の変化は落ち着きます。